地域に根ざした一般医療および神経難病等の治療をおこなう病院です。

看護師・准看護師

看護部からのご挨拶

「地域の皆様の健康生活に貢献し、信頼される病院を目指します」
奈良西部病院の看護部は病院の理念でもある「地域の皆様の健康生活に貢献し、信頼される病院を目指します」をもとに、エビデンスに基づいた安心安全の看護が笑顔と親切をモットーに提供できますことを心がけています。
育児中の看護師も多い中で院内でのワークライフバランスを保って勤務ができるように職場環境も考慮しています。
又、各年代の看護師の持つ豊かな感性と確かな技術の看護が患者様に発揮できますよう自己啓発し、看護師の教育にも努めています。

看護部からのご挨拶

看護部理念

  1. 1

    看護職としての使命と誇りをもち
    患者様の人権を尊重します。

  2. 2

    知識技術の研鑽に励み安全で安楽なケアを提供します。

各病棟・外来のご紹介
2階病棟(59床)
急性期の一般病棟(内科・外科・整形外科の混合病棟)
外科 術後の看護も緩和ケアーもチーム医療の一員として患者様中心の心のこもった看護を目指しています。
整形外科 手術後は早期の離床をめざし医師・理学療法士・作業療法士とのチームの連携を図り日常の支援を心がけています。
内科 高齢者の方が多いですが、言語聴覚士とカンファレンスを行いながら食事摂取して在宅又は老健施設等に戻っていただけるように、嚥下にも注意して安心安全を中心に日常の生活の援助を行っています。
3階病棟(58床)
障害者施設等一般病棟
神経難病の患者様が半数を占めています。人工呼吸器装着者・気管切開施行者・PEG挿入者等の患者様が入院されています。日常の生活の援助の中で、家族看護も含めチーム医療の一員として安心安全に心がけています。
外来
内科・神経内科・外科・整形外科・救急科・リハビリテーション科・皮膚科・泌尿器科・人間ドック・トラベルクリニックがあります。一日平均130~150名の患者様に対応しています。 来院された患者様とのコミュニケーションを大切にスムーズに受診ができるように環境を整え、又接遇にも心がけています。
難病患者様の援助を一緒に頑張りませんか?
障害者施設等一般病棟でのお仕事
障害者病棟に入院している患者様の肺炎や気管支炎など合併症を防ぐため、口腔ケアに力を入れています。少しでも清潔に過ごしてもらえるよう朝・晩の2回行っています。

難病患者の入院は長期に渡ります。長い入院生活を感じさせず、気持ちよく過ごしてももらえるように日々取り組んでいます。特別なことではないちょっとしたケアのことも大事にしています。

障害者施設等一般病棟でのお仕事

看護部教育部
新卒やブランクのある方にも、安心して働いていただけるよう、教育制度としてOJTを採用しております。

全看護部対象OJT計画

目的:看護部門の継続教育目標に沿った活動計画を推進し、部門内の教育活動を支援する事により積極的に看護職員が自己啓発を図る。また、研修参加への働きかけをおこなう。

全看護部対象OJT計画

新人教育のステップアップ

新人教育のステップアップ

目標実現へのプロセス
自分自身を1年後を想定して目標が立案できる。面接を行いながら目標に対しての計画をたてていく。
看護部組織運営図

看護部組織運営図

ページ先頭へ