地域に根ざした一般医療および神経難病等の治療をおこなう病院です。

  1. TOP
  2. 奈良西部病院について

奈良西部病院について

当院の強み・理念

地域に根差した一般医療および神経難病等の治療を行う病院です。
当院は1947年に奈良市の転害門近くで開業した桜井医院を祖とし、医療法人拓生会・桜井病院と名称変更し、2007年には現在の奈良市西郊・三碓町に適地を得て病院名称も新たに奈良西部病院として新築移転致しました。

奈良市内にて早60年以上にわたって地域医療の一端を担わせていただいてまいりましたが、これまでも地域の皆様やその家族のご要望や信頼にこたえるべく、医療機器の導入や病院整備に努めてまいりました。
矢田丘陵の一角を占める当三碓は豊かな緑に恵まれて、目の前に生駒の山を望みながらも交通至便の地であり、病院をご利用いただく患者の皆様にも何分の安らぎと利便を提供できる環境かと存じます。

病院理念

  • 地域の皆様の健康生活に貢献し、信頼される病院を目指します。

    病院理念

    地域の皆様の健康生活に貢献し、信頼される病院を目指します。

  • 様々な社会要請に応えられるよう常に医療レベルの向上に努めます。

    病院理念

診療方針奈良西部病院が皆様に約束する3つのこと

  • Reason.01地域に根差した病院として
    幅広い医療の提供をいたします。

  • Reason.02地域医療機関と密接な連携を
    取り、安全で良質な医療を
    提供します。

  • Reason.03職種間で連携・協力し親しみある
    チーム医療に努めます。

奈良西部病院の取り組み

神経難病への取り組み

当院は奈良県神経難病医療ネットワークの専門協力病院に指定されています。
神経内科外来は常勤医師2名、非常勤医師2名が担当し、入院は常勤医師2名が担当しています。
当院は一般病棟と障害者病棟を備えており、神経難病の方々の病状に応じた急性期、慢性期の対応が可能です。

詳しくはこちら

神経難病への取り組み

地域連携への取り組み

奈良西部病院では平成26年10月より、新たに地域連携部を設立いたしました。 当地域連携部では、『地域医療機関との円滑な医療連携を図り、継続性のある適切で安心できる医療サービスの提供に努めます』の理念のもと、奈良・生駒などの地域医療機関から紹介しやすい病院を目指しております。

詳しくはこちら

レスパイト入院への取り組み

当院ではレスパイト入院の受け入れを行っています。

詳しくはこちら

病院概要

名称 医療法人 拓生会 奈良西部病院
所在地 〒631-0061 奈良市三碓町2143-1
電話 0742-51-8700 (代表)
FAX 0742-51-8500
開設年月日 昭和22年1月
理事長 櫻井 立良
院長 林部 章
病床数 一般病床数 117床(急性期一般病棟59床、障害者施設等一般病棟58床)
診療科目 内科(消化器・循環器・呼吸器)、神経内科、外科、整形外科、リハビリテーション科、
肛門外科、脳神経外科、皮膚科、放射線科、麻酔科
外来受付時間 月曜日~土曜日 8:00~11:30
月曜日~金曜日 12:30~15:30
診療時間 月曜日~土曜日 9:00~
月曜日~金曜日 13:00~
休診日 土曜日午後・日曜日・祝日・8/15・年末年始
*急患の方は、時間外でもお電話下さい。
施設基準 一般病棟入院基本料 10:1
施設認定

救急指定
日本救急医学会救急科専門医指定施設
奈良県神経難病医療専門協力病院

日本神経学会専門医制度教育関連施設

日本外科学会外科専門医制度関連施設

日本胆道学会指導施設
奈良県立奈良病院臨床研修協力施設
自動車事故対策機構(NASVA)短期入院協力病院

ページ先頭へ