地域に根ざした一般医療および神経難病等の治療をおこなう病院です。

  1. TOP
  2. 病院沿革

病院沿革

1947年(昭和22.1) 奈良市今小路町に診療所開設を許可され桜井医院を開設
1952年(昭和27.9) 医療法人拓生会を設立 櫻井達良理事長就任
1955年(昭和30.6) 医療法人桜井病院設立
1958年(昭和33.2) 基準看護許可
1960年(昭和35.12) 全国に先駆け、寝具会社の協力を得て共同施設による基準寝具を実施する
1961年(昭和36.7) 基準給食許可
1964年(昭和39.10) 救急病院に指定
海外渡航時の種痘・コレラ接種証明書(イエローカード)発行開始
1966年(昭和41.9) 奈良市今小路町にて新社屋完成
創立20周年記念及び新社屋落成記念式典を行う
1980年(昭和55.3) 医療法人拓生会院長 櫻井立良就任
1984年(昭和59.6) 神経難病や重症障害者に対応可能な特殊疾患入院施設管理算定の病床を12床オープン
1985年(昭和60.1) 運動療法施設基準のリハビリ診療所を開設
1986年(昭和61.10) 全国でも症例が見当たらなかった経皮的内視鏡下胃瘻造設術(PEG)の施行を開始
1990年(平成2.11) 櫻井達良法務大臣表彰
1992年(平成4.2) 創設者初代理事長 櫻井達良逝去す
1992年(平成4.3) 医療法人拓生会理事長 櫻井立良就任(桜井病院院長兼務)
2005年(平成17.10) 海外渡航外来開設
2005年(平成17.11) 新病院建設準備室設置
2007年(平成19.10) 奈良西部病院、竣工式典行う
2007年(平成19.11) 理事長 櫻井立良法務大臣表彰
2007年(平成19.11) 奈良西部病院で診療開始

ページ先頭へ