地域に根ざした一般医療および神経難病等の治療をおこなう病院です。

内科

禁煙したい方いらっしゃいませんか?

禁煙の動機にはさまざまな理由があります。
  • ・家族に小さい子どもがいる
  • ・肺や気管、心臓、身体の調子が悪い
  • ・社内禁煙になった
  • ・たばこ代がかさむ

などの理由で「禁煙したいなあ、はじめてみようかなあ」と思われた方はいませんでしょうか。

ニコチン依存症は病気です。

「やめられない喫煙が個人の嗜好でなく、ニコチン依存症とういう病気である」という認識から、2006年より禁煙治療に健康保険等が適用されるようになりました。
喫煙が医師による診察が必要な病気であると考えられているのです。

禁煙外来

禁煙外来を受診しましょう。土曜日の受診も可能です。
【診察日は火(午前)・木(午後)・土(午前)です。]

  • ・奈良西部病院では、みなさまの健康増進や受動喫煙防止を趣旨として、禁煙外来をはじめました。直ちに禁煙しようと考えている方のお手伝いをさせていただきます。
  • ・禁煙治療に健康保険等が適用されてから患者様の負担も軽減されています。この機会にぜひ禁煙外来を受診してみましょう。
  • ・平日はお仕事でお忙しいという方には、土曜日の受診をオススメいたします。
禁煙治療って?

対象要件

  • ●禁煙治療が健康保険適用になる方は以下の要件を満たす「ニコチン依存症」の方です。
  • ●直ちに禁煙しようと考えている
  • ●ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)※が5点以上であること
  • ●ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
  • ●禁煙治療を文書により同意すること

以上の要件を満たさず、保険適用にならなかった方は自費負担になります。

TDSを実施されたい方はこちら

治療の流れ

  1. 初回診察
    保険診療の対象であるか確認(ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)を実施など)
    喫煙状況の問診
    喫煙に伴う症状や身体所見の問診および診察
    呼気一酸化炭素濃度の測定(タバコの煙に含まれる有害物質である一酸化炭素がどのくらい息に含まれているか検査します)
    禁煙に使用するお薬についての説明
    禁煙開始日の決定
  2. 再診 / 初回診察から2、4、8、12週間後(計5回)
    喫煙状況の確認
    前回からの経過とニコチン離脱症状(イライラ・不安)等に関する問診
    呼気一酸化炭素濃度の測定
    お薬の服用状況・副作用の確認
    次回受診日の確認

5回目の受診(最終)では延長投与の選択をすることができます。 禁煙を続けやすくするために、お薬をさらに12週間服用することができます。(ただし延長投与分は、自費診療になります。)

治療に使用するお薬について

優れた禁煙効果があるお薬です。

  • ・奈良西部病院では禁煙治療に使用するお薬として「チャンピックス」(外部サイトにとびます)という錠剤と「ニコチネルパッチ」(外部サイトにとびます)という貼り薬を採用しています。
  • チャンピックスを服用することにより、ニコチン切れ症状を抑えるだけでなく、タバコを吸ってもおいしいと思う満足感を抑制するお薬です。
  • ニコチネルパッチを使用することにより、禁煙時のイライラ・集中困難などの症状を緩和し、禁煙を成功に導くことを目的とした禁煙補助薬です(タバコを嫌いにさせる作用はありません)。
禁煙への不安や問題を一緒に解決していきましょう

再喫煙しやすい状況や不安への対処をさせていただきます。

禁煙外来の診察では、禁煙継続にあたっての問題点を把握しアドバイスいたします。
禁煙をするにあたっての患者さんの不安や問題を一緒に解決していきましょう。

奈良西部病院の禁煙外来のご紹介

奈良西部病院ならではの取り組み

  • ・当院の禁煙外来では呼吸器内科専門の医師が担当させていただきます。
  • ・当院は奈良・生駒にお住まいの方にはお車でアクセスしやすい立地です。禁煙治療をお考えの方は受診をオススメいたします。
  • ・平日は働いていて病院に通えない方でも通院を継続しやすいように、土曜日の診察にも対応させていただいております。
外来診察表
 
午前 渡邊 渡邊

※右にスクロールしてご覧ください。

担当医師紹介

※右にスクロールしてご覧ください。

氏名 診療分野・専門分野 専門資格等
渡邉 裕之(わたなべ ひろゆき)
渡邊 裕之
呼吸器内科
内科一般
消化器内視鏡検査
医師免許 1984年取得
医学博士 1989年取得
日本内科学会 専門医
日本呼吸器学会 指導医
気管支鏡学会 指導医
日本気管食道科学会 専門医
日本消化器がん検診学会 認定医
結核・抗酸菌症 認定医
日本消化器内視鏡学会 専門医

ページ先頭へ