当院の院内をご紹介:フロアマップ

地域に根ざした一般医療および神経難病等の治療をおこなう病院です。

  1. TOP
  2. お知らせ
  3. その他
  4. 海外渡航者のための新型コロナウイルスPCR検査 再開しました!

お知らせ

202202.10

その他

海外渡航者のための新型コロナウイルスPCR検査 再開しました!

海外渡航者のための新型コロナウイルスPCR検査概要  2022年2月

【受付条件】

1.渡航先の政府等が『新型コロナウイルスPCR陰性証明書』を入国の要件としていること。

2.渡航国・渡航日が決定しており、有効期間内のパスポートがあること。

※検査当日は必ずパスポート(顔写真ページのコピーでも可)をご持参ください。

3.渡航先に応じた記載内容、所定書類をあらかじめ大使館ホームページ等で確認してあること。

(所定書類がある場合には必ず事前にご提出ください。)

※    渡航先の要求する検査や書類の詳細・有効期間などは、ご自身でご確認ください。

URL :https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

4.検査から証明書発行までに通常24時間ほどの時間を要する旨、ご理解いただけること。

(詳しくは、下記の「実施日」をご参照下さい)

5.過去2週間の体調が良好であること。

6.過去2週間に新型コロナウイルス陽性者と濃厚接触がなかったこと。

7.結果が陽性の場合、保健所の指示に従い、指定医療機関等へ入院措置となる可能性に同意いただけること。

 

【諸経費】

■ 診察料(初診料)、PCR検査料、英文証明書料、消費税、すべて合わせて23,100円となります。

 ※ 証明書に指定の書式がある場合は、すべて合わせて25,300円となります。

 

【実施日】

検査対応日時 証明書渡し日時
火曜日 午前 水曜日 午前10:00お渡し
水曜日 午前 木曜日 午前10:00お渡し
金曜日 午前 土曜日 午前10:00お渡し

 

※    祝祭日をはさむ場合はこの限りではありません。(当院休診日には証明書のお渡しができません。)

※    実施可能人数には限りがあることをご了承ください。

 

【PCR検査診断書発行までの流れ】

<予約受付>

完全予約制で、予約は電話でのみ承ります。

『トラベルクリニックの予約』とお伝えください。

℡ 0742-51-8700(代表) 

(予約受付時間:月~金曜日 9時~12時・13時~16時、 土曜日 9時~12時)

 

<検査当日>

お持ちいただくもの

マスク、有効期間内のパスポート、指定の書類がある場合はその書類

※ パスポートは、原本が手元にない場合は、顔写真ページのコピーでも可

l  受付で手指消毒、体温チェックの後、問診票を記入いただきます。

l  診察室で医師による問診・診察・検査についての説明を受けていただきます。

l  同意書にご署名いただいた後、専用スペースで検体を採取します。

(当院は「鼻咽頭ぬぐい液」にのみ対応しています。唾液による検査は受け付けていません。)

 

<結果報告>

陰性の場合 証明書を作成・お渡し(当院フォームもしくは渡航先の所定書類)

証明書のお渡しは原則として翌日の午前中です。

ただし、祝祭日の場合はこの限りではありません。(当院休診日には証明書のお渡しができません。)

※ 郵便やメールでの証明書の送付はしておりません。

 

陽性の場合 判明した時点でご本人に電話連絡いたします。

あわせて、医師から直ちに最寄りの保健所へ届け出をいたします。

 

<迅速抗原検査について>

・2021年12月10日現在、米国など一部の国は到着前の検査としてPCRの他に迅速抗原検査(Rapid Antigen Test/Lateral Flow Device)も認めています。当院でも実施可能で、この場合、検体採取後、概ね1時間以内に陰性証明書をお渡しできます。費用は診察料、迅速抗原検査料、診断書料、消費税すべて合わせて13,200円です。(再診のかたは1,1000円です。)

・当院の迅速抗原検査キットは米国BD社(Becton, Dickinson and Company)BD VeritorTM System For Rapid Detection of SARS-CoV-2(Sensitivity:84.0%、Specificity:100%、米国FDA緊急使用許可EUA取得済み)です。

 

<中国へ渡航される方へ>

中国渡航の際の検査要件の厳格化に伴い、当院は指定検査機関から外れることになりました。中国渡航のための検査は当院では実施できません。ご不便をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

医療法人拓生会 奈良西部病院

ページ先頭へ